Sankyuppa

端数分の価値はあるブログ

クラウドワークスで名刺入力の仕事をしてみました!稼ぐのはちょっと難しい…!?

この記事をシェアする

f:id:akira39800:20200729145650j:plain

家で仕事がしたい

現在無職の卯月彰です。
私はタイピングが早い方なので、データ入力などの細々した作業を得意としています。
そこで、時間ができたここ最近、クラウドワークスに登録してみました。
なにか初心者でもできるものがないかな、と探していたら、名刺入力というものを発見!
早速応募してみました。

名刺入力の仕事って?

そもそも名刺入力の仕事というのは、画像で出てきた名刺の会社名や名前などをタイピングして文字起こしをするという業務です。
最低限漢字が読めて、タイピングにそこそこ自信があればスキル的にはオッケーという簡単なタスク制のお仕事です。
今回は「TYPIST」という名前のツールを使用しました。
イメージとしては片側に名刺の画像が出て、決められたフォームがあるのでそれに入力をしていく感じですね。
今回は大体名刺1枚につき6円で募集がありました。

実際にやってみた

実際にやってみると、まあとにかくルールが多い!無限にあるルールでがんじがらめになって、まともに入力ができないような状況でした。
自信を持って正確に入力できるのは名前、会社名だけ。とにかくたくさんある名刺のフォーマットを無理やりソフトに落とし込むのは至難の業でした。
あととにかく単価が安い!最初のチュートリアルでつまづき2時間ほどひたすら入力しましたが予定金額が100円ほど。同じデータ入力でも雇われてする方がよっぽど稼げますね。
難しいルールをひとつひとつ確認していくと余分に時間が過ぎていくので、さらに単価が下がる、という悲しい結末に。
ちなみに名刺1枚6円とのことですが、実際は1項目0.6円でした。住所とかになると1文字いくらだ…?

メリットとデメリット

  • メリット

とにかく簡単!
→スキルはいりません。地名をよく知っている人なら住所の入力でスピードが出るでしょう。
空き時間にできる!
→入力できる名刺があればログインしてすぐに仕事にかかれます。
家から出なくていい!
→このご時世ですし、家の中で仕事ができるのはいいですね。
パソコンひとつでできる!
Excelなどのソフトもいりません。インターネット環境があればできます。

  • デメリット

単価が安い、割に合わない!
→とにかくこれ。時給50円とかになります。
間違えた分はマイナスされる!
→これは仕方ないかもしれませんが、とにかく変わったルールが多いので慣れるまではマイナスが多いかもしれません。
間違え続けると退会させられる
→クビ制度があります。ミスが多いと停止させられ、数回停止させられると退会になります。

まとめ

空き時間を有効に活用したい、タイピングには自信がある!という方にはおすすめしますが、正直もっと単価が高いお仕事もあるので、手放しでおすすめはできない仕事でした。ただ、スキルがなくてもできるお仕事なので、はじめてクラウドワークスでお仕事する!といった方が様子を見るために行うのはいいんじゃないでしょうか。
私はこつこつブログを頑張ります(笑)